Skip to content

催眠術を使って自分を知る事。

催眠という言葉を聞いたりする事はとても多いんじゃないのかなと感じます。それによって、気持ちを楽にしたりする事も出来ますし、穏やかな気持ちを持てるようにもなってくるので、すごく素敵で良い事だなととても思っています。また、催眠というのは、かかりやすい人とそうでない人がいます。ですので、誰しもがすぐにかかるというものじゃない事を年頭に入れておきながら、試してみてもいいかと感じます。色々な情報や催眠を扱える人もたくさんいますので、きちんとそれを探したりしながら選ぶようにする事は大切になってきます。心を穏やかにしたり自分でも気付かないストレスや心の傷がある場合もありますので、それを理解出来る、良いキッカケにもなってくると思うので、大事にしながら向き合っていくのは、すごく自分の事を分かっていけるチャンスにもなってくるなと感じています。

催眠効果のある食べ物や飲み物はたくさんある

この世の中には、催眠効果のある食べ物や飲み物がたくさんあります。中でも、ホットミルクは有名でしょう。眠れないときは、ホットミルクを飲むと言う人は多いです。なぜ、ホットミルクは催眠効果があると言われているのでしょうか。まず、ミルクにはモルヒネ様ペプチドが含まれています。赤ちゃんは母乳やミルクを飲むと、すやすや眠ったり、寝入ったあとに多少物音がしても起きません。これは、モルヒネ様ペプチドが脳に作用しているからです。ですから、大人でもホットミルクを飲むと鎮静効果が得られ、ぐっすり眠れると考えられています。他にも、ミルクにはトリプトファンが含まれており、眠りの質を高めてくれます。また、ミルクを温めて飲むと、当然体温は上昇するわけです。そのあと布団に入れば、徐々に体温は下がるのでスムーズに眠りにつけるでしょう。

レタスには催眠効果がある

レタスはサラダや料理のつけ合わせによく使われます。かなり身近と言えるでしょう。毎日口にしている人も多いと思われます。しかし、このレタスには催眠効果があると言うことを知っている人はほとんどいないでしょう。近年、不眠に悩む人が増加傾向にあります。眠れなくて困っているときにレタスを食べれば、健康的に熟睡を得られる可能性が高いでしょう。レタスはヨーロッパが原産と言われていますが、ヨーロッパでは大昔からレタスを食べれば眠れると言う言い伝えがありました。今でも、こう考えられています。とは言え、レタスも色々な種類があり、どれを食べればより催眠効果が得られるのでしょうか。ヨーロッパ種のレタスが良いと言われています。しかし、これらは日本で入手しにくいです。ですから、サニーレタスを食べましょう。ヨーロッパ種のレタスに近い効果を得られます。