Skip to content

催眠効果に優れているレタス

キャベツと並んでレタスは、多くの人にとって身近な野菜です。実は、レタスは台所の睡眠薬と呼ばれるほど、催眠効果に優れていると言われています。ヨーロッパでは、紀元前一世紀頃にはレタスに催眠効果があると言うことが知られていました。不眠で悩む人の多くは、結構早い段階で薬を飲もうとします。もちろん、薬の全てがいけないわけではありません。しかし、レタスと比べればはるかにレタスの方が体に良いわけです。レタスには副作用がないのですから当然でしょう。不眠症の人は、薬ではなくまずはレタスを食べてみることです。眠れるようになるかもしれません。ちなみに、日本国内では催眠効果が高いと言われるヨーロッパ種のレタスはなかなか手に入りません。したがって、同様の効果があるとされるサニーレタスやチシャで代用することになります。

催眠効果のある食べ物はビタミンB12を含むもの

催眠効果がある食べ物があると言うことを知ると、不眠で悩む気持ちも少しやわらぐでしょう。不眠を解消するために、すぐに薬に頼る人が少なくありません。薬に頼るのは、不眠を解消するために色々なことを試し、それが効果がなかったときにしましょう。まずは、催眠効果のある食べ物を知ることです。ビタミンB12は、神経ビタミンと言われており、ストレス性の不眠を解消してくれるでしょう。実際、医師も不眠症の治療にビタミンB12を用いています。ストレス性の不眠は、自律神経失調症の一つです。自律神経のバランスを整えなければいけません。それにビタミンB12が役立つわけです。不眠症の人はビタミンB12を補給して、自律神経のバランスを正常に戻しましょう。ちなみに、ビタミンB12は納豆や豆腐、アサリやいわしに豊富に含まれています。

自分でする簡単な催眠療法

催眠療法という治療法を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。普段私達が意識しない所で働いている潜在意識を活性化して治療するなんて、なんだかとても興味深いですよね。一般的に病院などの施設で行われることが多いですが、実は簡単なものなら自分でも行う事が出来ますよ。この場合は呼吸法やお気に入りの音楽などをかけて心身をリラックスした状態にした上で、自己暗示などの方法を用いて行います。心身を深いリラックス状態へと導く事で、体の余分な力が抜けて、前向きな気持ちになったり、集中力が高まったりするので心理面からきている体の不調やダイエットや禁煙したいなどの問題の解決などにも効果が期待出来ます。この方法は自己ヒーリングとも言われていて、それに関する本なども出版されているので興味のある人は探してみてはどうでしょうか。