Skip to content

催眠出産は体に負担がかからない

出産を間近に控えた女性にとって、もうすぐお腹の中の赤ちゃんに会えるというのはとても楽しみで嬉しい事ですよね。しかし、その一方で気になるのは出産に伴う痛みではないでしょうか。初めての出産なら特に未知なる体験への不安や恐怖といったものを感じてしまいますよね。そんな人には催眠出産がお勧めですよ。痛みを感じずに出産したいという人には無痛分娩という方法もありますが、こちらは薬や麻酔を使って行う為、多少なりとも体に負担がかかってしまいます。その点催眠出産は潜在意識を最大限活用する方法で外部からの力を加えない分妊婦さんだけでなく生まれてくる赤ちゃんにも安全な出産方法ですよ。通常、痛みというものは極度の緊張や不安などが原因で強まっている事がかなりあります。潜在意識にアクセスする事で心身ともにリラックスした状態になるのでほとんど痛みを感じる事なく生む事が出来ますよ。

催眠出産で恐怖感を軽減する

催眠出産という言葉を聞いた事のある人も多いのではないでしょうか。この方法は妊婦さんが出産を迎える前から簡単な自己催眠や呼吸法などのリラクゼーションを行い心身ともにリラックスした状態にして、出産に臨む方法です。リラックスしてくつろいだ状態になる事で極度の緊張や不安感が和らぎ、陣痛などの痛みが軽減されると妊婦さんの間で人気が広まっています。よく催眠という言葉を聞くと自分の意識がなくなったり、無理やり眠らされたりするのではないかと不安になる人もいますが、出産中は意識がなくなる事も眠らされる事もないので後からでもはっきりと出産した時の記憶が甦りますよ。その為、産む際の感動もしっかりと体験する事が出来ます。誰でも痛い事や未知なる体験には恐怖を感じてしまいますよね。その恐怖感を少しでも楽にするために受けてみてはどうでしょうか。

催眠出産と無痛分娩の違い

陣痛などの出産に伴う痛みを軽減する方法の一つとして催眠出産というものがありますが、よく聞く無痛分娩とはどう違うのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか。どちらも痛みを軽減する点では同じですが、その方法は大きく異なっていますよ。まず、催眠出産とは呼吸法や自己ヒーリングなどの方法を用いて心身をリラックスした状態にもっていき、痛みや不安などを軽減していきます。一方で無痛分娩は妊婦さんに薬や麻酔などを使用して痛みを軽減する方法です。薬物を使用する事で少なからず体に負担がかかってしまう無痛分娩に比べて、体に何ら負荷を与えず、体をリラックスさせる事で心身の緊張をほぐし、ナチュラルな状態で出産する事が出来るのでとても人気が高まっています。日本だけでなく外国の方でもよく行われている方法だそうですよ。